授乳が終了する迄は、続けたほうがいい

葉酸は妊娠初めの頃だけ必要と考えられますが、、実はそうでも無いといいます。

中期から後期の間にも赤ちゃんの発育を促してくれたり、悪性貧血から母子を守ったり、妊娠中毒症の防止となったりとかかせない役目をやってくれる訳ですね。

なので、授乳が終了する迄は、続けて葉酸を摂りましょう。
妊娠を希望して妊娠活動に取り組み始めた段階から葉酸を埋め合わすようにする事が大切なんだといわれています。赤ちゃんを妊娠する前に十分な量の葉酸が体内に蓄積いわれている事がお腹の赤ちゃんの先天性奇形の阻止において非常に効果的なのです。妊娠3ヵ月時期までは、もちろん継続して摂り入れることしていく事が大事です。

葉酸はDNAの合成の役割や脳や神経を創るとされ、赤ちゃんには不可欠な成分と思われます。

今、先天性による異常の危険を減らすとして、世界中でその補給に関して指導されているのです。妊娠時、必要量は、0.44mg、授乳中0.34mgとしてますが、1000mgを超す過剰な補給は注意を要します。

妊娠してる女性のかたは葉酸をイメージして摂ることがたいせつですと言われています。
出来れば食物から自然に摂れることが理想ですよね。口に出来る果実ですと、イチゴにキウイ等は葉酸が多くはいっているので、普段から積極的に、口に入れるようにするのが最良です。葉酸は赤ちゃんを作ることをかんがえ始めたレベルから初めの頃のころあいにかけては補給をつづける事が望ましいといわれていて、胎児の先天性奇形を予防する効果があると言われます。
妊娠3ヵ月ころまではどちらでも、食品や葉酸補給サプリメントなどで意識的に食事等からカバーするようにする事がたいせつになります。